ボランティアをする

  1. HOME
  2. ボランティアをする
  3. 日本語を教える

日本語を教える

各地域の日本語教室

ボランティア団体や国際交流協会などにより運営されている日本語教室に関する情報です。

[相双地域] 3団体

団体名
NPO法人外国人支援ボランティアグループふれんず 南相馬市国際交流協会
おおくま国際交流協会(休止中)

[いわき地域] 1団体

団体名
公益財団法人いわき市国際交流協会

注意事項

  • 県内に拠点のある日本語教室について、2020年8月に調査したものです。なお、変更があった場合には、随時更新されます。
  • アンケート調査に回答のあった団体のうち、情報の一般公開にご了承いただいた団体のみ掲載しています(県内のすべての団体を網羅したものではありません)。
  • 特記のないかぎり「会費」は年会費を意味します。
  • 設立月日が不明の場合、その年の1月1日を設立年月日としています。
  • 掲載団体については、(公財)福島県国際交流協会がその団体を保証・認定しているわけではありません。
  • 無断転載、複製は堅くお断りします。

誤記、変更等がありましたら、(公財)福島県国際交流協会 までご連絡ください。

新規登録を希望する団体へ

「国際交流・協力団体」 への登録を希望する団体は、当協会の お問い合わせフォーム より、新規登録申請のメールをお送りください。
当協会より、登録申請書(様式1・様式2)をお送りします。

登録できる団体 福島県内に活動拠点のある市町村国際交流協会及び日本語教室、国際交流・協力活動を主な活動とする非営利の民間団体
問い合わせ先

(公財) 福島県国際交流協会

〒960-8103 福島市舟場町2番1号 福島県庁舟場町分館2F

TEL
024-524-1315
FAX
024-521-8308

福島県内の日本語教室の状況

日本語教室の状況をまとめました。

「生活者としての外国人」のための日本語講座進め方事例集

当協会は、2016年度から3年間受託した文化庁「『生活者としての外国人』のための日本語教育事業」の一つとして、外国出身者コミュニティと協働で日本語講座を実施しました。

この日本語講座は、文化庁の「『生活者としての外国人』に対する日本語教育は、対話による相互理解の促進及びコミュニケーションの向上を図り、『生活者としての外国人』が日本語を用いて社会生活へ参加できるようになることを目指すものである」(※生活者としての外国人」のための日本語教育ハンドブック)という考えに基づいて行いました。

それをもとに、6つのテーマの日本語講座進め方事例集を作成しました。

はじめに 防犯の日本語
料理を習うための日本語 防災の日本語
母国の料理を紹介するための日本語 仕事で使う日本語
救急救命と119番通報のための日本語 振り返りシート

多言語版福島県内の日本語教室一覧表(34団体・38教室)