こんにちは!JICA福島デスクの笹尾です。

12/4(土)にあづま球場でJICA東北が国際理解ブースを出展し、私も運営支援に携わってきました。国際理解ブースは、今回の主イベントである「キャッチボールクラシックオンライン国際交流大会2021」のサイドイベントとして開催させていただきました!

「キャッチボールクラシック」とは?
2011年に東日本大震災の復興イベントとして福島県でスタートし、今年で10年目を迎えました。震災当時、福島県は沿岸地域を中心に大きな被害を受け、野球どころか外にも出られない期間が長く続きました。そのような中で、ボールひとつでできるキャッチボールで子供たちを外に連れ出すきっかけを作ろうと始まったものです。

当日は、約250名の方が国際理解ブースに来場してくださりました!
その様子をぜひご覧ください!↓
https://www.jica.go.jp/tohoku/topics/2021/ar0c790000000y1y.html