一段と暑い今日の福島市です。
第3回目の福島発国際理解ミニコラムは少しでも涼しい写真をお届けします。ターコイズ色の水が吸い込まれそうなほど美しい、ラオスにあるクアンシーの滝です。

ラオスの古都ルアンパバーン(なんと街全体がユネスコの文化遺産に登録されています)から山道を車でガタゴト揺られること約1時間。こんな山奥に写真で見たあの滝があるのかと不安になりましたが、滝が目の前に現れた時は息をのみました。

日本円で約230円の入場料を払えば、自由に泳いだり、木の枝からジャンプしたりできます。ラオスは雨季と乾季があり、水量が多い雨季には水の色が茶色に濁ります。ターコイズ色の水の色が見られる乾季の11月~2月頃に訪れるのがおすすめです。