お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ

言語選択

「外国人の目を通して見た福島!」インタビュー Vol.9

2024.02.07

「外国人の目を通して見た福島!」インタビューも第10回目となりました。
今回、インタビューに答えてくれたのはエランガー・ラクミニ・グナシンハさんです。エランガーさんは昨年復興庁が外国人を対象に初めて実施した日本語作文コンクール「私の心のなかの福島」にて最優秀作品賞・復興大臣賞を受賞しました。昨年12月東京都の復興庁で表彰式が行われ、出席するため初めて来日し福島県の被災地を見学していただきました。
エランガーさんに「福島」についていろいろとお聞きしていきましょう!

\ Let’s start!! /
まずは本題に入る前に「エランガーさんはどんな方?」と気になる方のためにプロフィールについてお聞きしました!

【出身国はどこですか?】
スリランカ出身です。
現在スリランカの大学で日本語を専攻し、日本語を勉強しています。

【福島県に興味を持ったきっかけは?】
松山先生(JICA海外協力隊 2021年度 9次隊 スリランカ/日本語教育/現在、JICA福島デスク)との出会いをきっかけに福島県の事を知り、福島について興味を持ちました。
福島県国際交流協会が開催している「オンライン日本語サロン」に参加して、さらに福島に興味を持ちました。
福島の事を知れば知るほど大好きになり、福島県に関するYouTubeチャンネルも登録しました。
福島市のわらじ祭りの動画を見てとても感動し、わらじ祭りは福島の魅力を表しているとても素敵なお祭りだと思いました!
私も是非わらじ祭りに参加したいです。

【福島の好きなところは?】
私は福島県の食べ物が大好きです。
いわき市を訪問した際に食べたお魚は脂が乗っていて、とても美味しかったです。福島県の有名な桃も食べましたが、あんなに美味しい桃を食べたのは初めてでした。松山先生から頂いたあんぽ柿もとても美味しかったです。
昨年福島を訪れた際、福島県の方に本当に親切にしていただき、福島県民の方のやさしさに感動し、福島県民が大好きになりました。

【福島県内で行ってみたい場所はありますか?】
松山先生の出身地の相馬市に行きたいです。
またYouTubeで鶴ヶ城の動画を見てとても興味を持ち、会津や猪苗代に行ってみたいと思いました。

【福島県内の被災地を訪問されたようですがどのように感じましたか?】
被災された皆さんの体験や苦労を知り本当に悲しくなりました。とても衝撃的で被災地を訪問したことは一生忘れないと思います。もう二度とこのような災害が起こらないことを祈っています。

【福島に来る前と来た後で、イメージは変わりましたか?】
YouTubeの動画を見て、福島はとても良いところだと思っていましたが、実際に福島に来て本当に良い場所だと改めて実感しました。以前から日本には憧れを抱いておりましたが、実際に日本に来て大好きな福島を訪問し福島に住みたいという気持ちが高まりました。
福島に来てから新たな目標もでき、日本語の勉強にもとても熱が入るようになりました。福島に来て本当に良かったです。

【新たな目標が出来たということですが新しい目標をお聞きしても良いですか?】
福島県で仕事をすることです!
福島の魅力や東日本大震災から復興していく福島の姿や県民の努力などを世界に広めていきたいです。福島の魅力はまだまだ世界中に知られていないので、福島の良いところをどんどん世界に発信していきたいです。特に福島県の美味しいお酒やお魚などの情報をどんどん発信したいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エランガーさん、インタビューにお答えいただきありがとうございました。

終始、こちらの質問に落ち着いて丁寧に答えてくれたエランガーさん。
福島を好きな気持ちがとても伝わってくるインタビューで温かい気持ちになりました。福島に来て新しい目標ができ、日本語学習のモチベーションも上がったようで本当に良かったです。
それではまた次回をお楽しみに!

〒960-8103
福島県福島市舟場町2番1号 福島県庁舟場町分館2階

TEL 024-524-1315

FAX 024-521-8308

火曜日~土曜日 8:30~17:15
休業日: 日曜日、月曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

(c)2024 Fukushima International Association. All right reserved.