育児・教育

  1. HOME
  2. 育児・教育

育児・教育
(いくじ・きょういく)

1.妊娠したとき(にんしんしたとき)

妊娠がわかったら、産婦人科に行って妊娠証明書を書いてもらいます。
その証明書を持って役所に行くと「母子健康手帳」がもらえます。
定期的に産婦人科に行って、お母さんと赤ちゃんが健康かどうか調べてもらってください。
医療保険に加入していると、この妊婦健診や分娩の時の医療費が安くなります。
「母子健康手帳」は、赤ちゃんの出産状況や、その後の予防接種の記録するためなどに使います。

2.赤ちゃんが生まれたとき(あかちゃんがうまれたとき)

(1)出生届と住民登録(しゅっせいとどけと じゅうみんとうろく)

赤ちゃんが生まれたら、14日以内に役所で行って「出生届」の手続きをします。併せて住民登録をしてください。

(2)国籍の選択(こくせきの せんたく)

赤ちゃんの両親のいずれかが日本国籍の場合は、外国籍の親の国籍によって、日本国籍または外国籍、もしくは両方の国籍(2重国籍)を持つことができます。
赤ちゃんの両親が外国籍の場合は、日本国籍を持つことができません。
赤ちゃんを外国籍とした場合、大使館(領事館)に行って出生届の手続きをします。さらに出入国管理局に行って「在留カード」をもらいます。

3.育児(いくじ)

医療保険に加入していると、役所から児童手当がもらえたり、定期的に健康診断を受けたりすることができます。子どもの医療費が安くなります。

4.保育所と幼稚園(ほいくしょと ようちえん)

小学校に入る前の子どもは、保育所や幼稚園、認定こども園などに入ることができます。しかし、無料ではありません。
子どもの世話をする人がいないことなどの条件がある場合があります。

5.小学校と中学校(しょうがっこうとちゅうがっこう)(義務教育)(ぎむきょういく)

日本では、小学校の6年間と中学校の3年間は義務教育です。
日本国籍を持つ6歳から15歳の子どもの親は、子どもを学校に通わせなければなりません。
学校は、公立と私立があります。公立は、授業料と教科書代が無料です。
外国籍の子どもも日本の学校の通うことができます。入学したい時は、役所の教育委員会に聞いてください。

6.高校(こうこう)、大学(だいがく)・短期大学(たんきだいがく)・専門学校(せんもんがっこう)

高校以上は、義務教育ではありません。
学校は、公立と私立があります。
公立でも授業料や教科書代は無料ではありません。
高校に入学するためには、選抜試験があります。
福島県では、県内7つの公立高校に、外国人を対象にした特別の入試制度があります。
詳しくは、福島県教育庁高校教育課(024-521-7772)に聞いてください。

その他、困ったこと、分からないことがあったら、聞いてください。

福島県国際交流協会「外国人住民のための相談窓口」(7か国語)★

法務省「外国人生活支援ポータルサイト」(15カ国語)も、見てください

〒960-8103
福島県福島市舟場町2番1号 福島県庁舟場町分館2階

TEL 024-524-1315

FAX 024-521-8308

火曜日~土曜日 8:30~17:15
休業日: 日曜日、月曜日、祝祭日、年末年始

(c)2019 Fukushima International Association. All right reserved.