協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

報告:講習会「国際結婚者のライフスタイルに応じた在留資格」

タガログ語訳/Tagalog

  • 日時:平成26年10月26日(日) 14:00~16:30
  • 会場:(公財)福島県国際交流協会
  • 参加者:フィリピン出身者等8名
  • 講師:申請取次行政書士 横山勝さん
  • 通訳:臼井すみれさん

このコミュニティは、カトリック教会松木町に通っているフィリピン出身の女性たちです。普段は、毎週日曜日の午前中の礼拝に出席し、そのあと教会の様々な活動に参加しています。そのような中、話題になったのが離婚や再婚などに伴う在留資格のことです。そこで、在留資格についての勉強会をし、正しく理解した上で今後のライフスタイルの参考にしていこうと今回の講習会の実施となりました。

岩手県で在留資格に関する相談を多く扱っている講師から、更新や永住、帰化の条件と手続方法の説明などがありました。フィリピンの法律では離婚が認められていないので、日本で離婚が成立した場合はフィリピンの裁判所で裁判手続きの必要があること、日本では6か月の再婚禁止期間があること、成人した子どもは呼び寄せできないなど具体的な話もありました。

参加者からは、「身近な問題なのに知識不足だったことがわかった。」「具体的な事例について明確な回答を得られてよかった。」「タガログ語の通訳があったため、より理解が深まった。」などの声が寄せられました。

HAWAK KAMAY FUKUSHIMA

外国出身者コミュニティ・キーパーソントップへ戻る

ページのトップへ