協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

報告:講習会「日本での老後に備えて」

ポルトガル語訳/Português

  • 日時:平成26年11月15日(土) 13:30~16:00
  • 会場:(公財)福島県国際交流協会
  • 参加者:ブラジル出身者等11名
  • 講師:暮らしの健康を考える会代表 ファイナンシャルプランナー 松本正史さん

日本に暮らして数十年経っていて、旦那さんも定年を迎えているメンバーが多いこの会では、やはり今後の老後のことがとても気になっていました。一方で、年金や介護の仕組みが難しくなかなかわかりづらいという声も多くありました。そこで、今後、日本での老後を安心して過ごすために、年金や保険、介護について学ぼうとこの講習会を開催しました。

講師からは、老後に備えるためには、身体面で体の健康、経済面で暮らしの健康、そして精神面でこころの健康の3つの視点があることや、公的な年金や健康(介護)保険のしくみのお話しがありました。一方、参加者からは、年金の受給要件や生命保険と学資保険の違いなど具体的な質問が出されました。 参加者からは、「老後について真剣に考える時期になってきた。」「年金のしくみがわかった。」などの感想が寄せられました。

チームブラジル

外国出身者コミュニティ・キーパーソントップへ戻る

ページのトップへ