HOME >> さまざまなサポート

さまざまなサポート

様々な機関が実施しているサポート事業をご紹介します。

電話による無料通訳詳しくはこちら

事業主体:(公財)福島県国際交流協会

三者通話電話機(トリオフォン)を使って、教育委員会や学校と、保護者や外国の子どもの間の通訳を行います。通訳は無料ですが、電話代はかかります。保護者や外国の子どもへの説明や連絡の際に活用できます。

平成29年度帰国・外国籍児童生徒等の早期適応のためのサポーター紹介・派遣等支援事業

事業主体:(公財)福島県国際交流協会

来日し、日本語や日本の学校習慣がわからないまま不安な気持ちで学校生活を送る児童生徒のために、当協会のサポーターを紹介または派遣し、子どもたちが学校に早い時期に適応できるよう支援します。詳しくは、実施要項 をご覧ください。

サポーター派遣依頼書(様式1)
サポーター活動報告書(様式2)
サポーター活動連絡簿(参考)
サポーター紹介依頼書  

ふくしま外国の子ども支援団体連絡会

事業主体:(公財)福島県国際交流協会

外国の子どもの支援に関わる様々な団体の連携と協力を深めることにより、外国の子どもが安心して学び成長できる地域をつくることを目的とした連絡会です。入会すると、会議やメーリングリストでの様々な情報交換等ができます。

貸出図書等詳しくはこちら

事業主体:(公財)福島県国際交流協会

当センターでは、外国の子どもの支援に関わる様々な教材や参考図書を取り揃え貸出にも対応しています。どのような教材が良いかの相談にも応じています。

外国の子ども向け日本語教室詳しくはこちら

事業主体:各日本語教室

小学1年生から高校3年生(18歳)までの外国の子どもを対象としたボランティアによる日本語教室があります。開催日時や会費等は、教室によって異なります。
詳しくは各教室にお問い合わせください。
お住いの近くに日本語教室がない場合や各教室の様子を知りたい場合などは、当センターまで問い合わせてください。

その他、主に大人向けに約30の ボランティア日本語教室 もあります。

福島県立高等学校入学者選抜における外国人生徒等に係る特別枠選抜

事業主体:福島県教育委員会

入国後在日期間が3年以内の外国人生徒等で希望する人は、特別枠選抜で県内7つの県立高校を受験することができます。学校によって選抜方法や定員が異なります。なお、7つの高校は下記のとおりです(平成26年度現在)

  • 福島北高校総合
  • 福島南高校国際文化
  • あさか開成高校国際科学
  • 光南高校総合
  • 会津学鳳高校総合
  • 湯本高校英語
  • 相馬東高校総合

「平成27年度福島県立高等学校入学者選抜実施要項」
P24~25の「平成27年度福島県立高等学校入学者選抜における外国人生徒等に係る特別枠選抜実施要項」をご覧ください。

学習支援ボランティアの活動

事業主体:福島県教育委員会社会教育課

福島県教育委員会の学習支援ボランティアの一つに、外国人児童生徒に対して日本語による日本語指導や教科学習支援を行う「外国出身者支援」があります。登録者が、無償で活動できる範囲内で支援を行うものです。詳しくは近くの各教育事務所社会教育課まで問い合わせてください。

情報検索サイト「かすたねっと」詳しくはこちら

運営主体:文部科学省初等中等教育局国際教育課

学校と外国につながりのある児童・生徒の家庭とつなぐ、多言語文書作成支援サイトです。ウェブで公開されている多言語の教材や学校関係文書、用語を探すことができます。