HOME > サポーター活動の事例

サポーター活動の事例

サポートが必要な外国の子どもは、その年齢、出身国、母国での学習歴、来日の経緯、家庭環境、日本に対する考え方、日本語学習への意欲などによって様々です。
それぞれの事例のサポート方法も千差万別です。

事例1
日本語を聞いて理解はできるが、一言も話せなかったケース 対象:フィリピン出身男子児童(9歳)
事例3
友だちと話せるようになるまで20か月かかったケース 対象:フィリピン出身女子児童(7歳)
事例5
教員による早期の取り出し指導が成果をあげたケース 対象:中国出身男子生徒(14歳)
事例7
日常会話はできるようになったが教科学習の意欲につながらなかったケース 対象:フィリピン出身女子児童(10歳)
事例2
フィリピン出身の子どもの母語がタガログ語でなかったケース 対象:フィリピン出身女子児童(7歳)
事例4
母語話者と日本語指導者の連携(小学生)でスムーズなサポートができたケース 対象:フィリピン出身女子児童(9歳)
事例6
高校進学の方針が定まったことで日本語学習に集中できたケース 対象:中国出身女子生徒(15歳)
事例8
地域との連携で大きな成果をあげたケース 対象:フィリピン出身男子生徒(14歳)