協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

ニュースリリース詳細

2019.07.12

相手のことを考えた「やさしさ」

今週、福島県国際交流協会に職場体験で4名の中学生が訪れました。
中学生のみなさんによる体験レポートをお届けします!

僕は、今回の国際交流協会での体験で、「やさしい日本語」という言葉が一番心に残りました。「やさしい日本語」というのは、僕たち日本人が、日本にいる外国人と接する時に大切なものです。例えば、「貴重品」であれば、「大事なもの」、「ご用件をお伺いします」であれば、「どうしましたか」といった具合に、まわりくどくない、簡単な言い方のことを指します。また、なぜ「やさしい」がひらがななのかと言うと、この言葉が、簡単という意味の「易しい」と、相手を思いやるという意味の「優しい」の2つがかけられているからなのです。

 この「やさしい日本語」で話す時に大切なポイントがいくつかあります。まずは、簡単な単語に言い換えること。次に、一つの文を短くすること。最後に、カタカナ語、二重否定、敬語、擬態語、曖昧な表現は避けること。そして何より大事なのが、相手が外国人だからと身構えず、まずは一声かけてみること。仮に自分が外国に行ったとして、その国の人が「Hello」などと声を掛けてくれたらとてもうれしいですよね。相手の立場を自分に当てはめて考えると、自然と相手を思いやる気持ちが行動に表れてくるかもしれません。

 このような体験から、僕は気遣いの大切さを学びました。「日本にいるのだから、日本語を勉強してよ」と待っているのではなく、「何か自分に出来ることは無いのか」という考えを持つことが自分には欠けていたかなと思います。その大切さに改めて気づかされた体験でした。

ページのトップへ