協会トップFIAのご案内国際交流国際理解外国人向け生活情報東日本大震災関連情報外国人向け防災情報リンク集利用規約サイトマップ

 大きな災害が起きると



 大きな災害が起きると、どのようなことがストップしたり不便になるでしょうか?

1.電気・水・ガスがストップ
電気が止まり、テレビ、冷蔵庫、ストーブなど電化製品が使えなくなります。
水道が止まり、飲料用や料理用、トイレ、お風呂の水が不足します。
ガスが止まり、ガスを使ったコンロや暖房、お風呂などが使えなくなります。
避難/非常持ち出しリスト/備蓄品リスト(一般財団法人自治体国際化協会)
2.道路や路線が寸断
(1)交通機関がストップ
 電車、新幹線、バスなどの交通機関がストップし、通勤や通学などが難しくなります。
(2)流通がストップ
 食べ物やガソリンなどの流通がストップし、スーパーやコンビニなどの商品が少なくなります。また、ガソリンの給油制限などにより、車での移動が難しくなります。
避難/非常持ち出しリスト/備蓄品リスト(一般財団法人自治体国際化協会)
3.家族などとの連絡が難しくなる
携帯電話やインターネットが通じにくくなります。
※公衆電話は比較的つながりやすいです。
災害伝言板、災害伝言ダイヤル
4.情報の入手が難しくなる
停電や電話・インターネット回線のパンクなどにより情報の入手が難しくなります。
気象情報
覚えておきたい災害に関する日本語
5.避難所が設置される
近くの学校などの公共施設が避難所になります。
避難/非常持ち出しリスト/備蓄品リスト(一般財団法人自治体国際化協会)
すこしでも被害を軽減するために
災害が起こる前に、できることがあります。
自然災害に備えるために
 

ページのトップへ